海外貧困地域支援

カンボジアの「今」と「未来」を応援

カンボジアの「今」と「未来」を応援

40数年前に起きた内戦時代の影響でまだまだカンボジアには貧困層が多く暮らしていて教育支援や経済格差、女性支援など多くの課題を残しています。そこでGCUはカンボジアの今と未来を応援するサポートを行っています。
NPO法人 GLOBE JUNGLEが運営をする貧困女性の就労支援のサポートや子ども達に対する教育支援など多岐にわたりサポートを行っています。
GCUに関わってくださる皆様お一人お一人の力が、4000km離れたカンボジの地で多くの笑顔を生んでいます。支援が必要のない社会を創るためにもカンボジア政府や現地で活動をする団体と深く連携をとり、サポートを行っています。

貧困女性の自立支援 NATURAL VALUE PROJECT

カンボジアの農村部には仕事がなくて収入が得られない貧困家庭が多く存在します。その地域に暮らす女性達をサポートするために職業訓練や、女性教育を行い、カバンや雑貨の制作と販売を行い自立型の支援を目指しています。「持続可能な支援の形」をサポートするために2017年7月に、カンボジアシェムリアップ最大級のお土産市場のナイトマーケットにGCUがバックアップをするショップを開店しました。現地で製品を販売することで、カンボジア国内でも収益を上げることができる持続可能な社会を目指しています。

NATURAL VALUE SHOP support by GCU
住所:Phalla Angkor Night Market .Siem Reap. Cambodia
営業時間:17:00-22:00 (日曜休み)
電話番号:+855-385-4437(日本人対応)

1年生から6年生までが一緒に通える一貫校の建設!

2017年12月カンボジア国内でも貧困地域の1つであるプレイヴェン州カナーコブ村に、GCUの活動に共感してくれた鈴木淳さんを中心に、GCU会員の力も結集し、1年生から6年生までが通える一貫校の建設をいたしました。
開校式典には、村民500人ならびにカンボジアの大臣も出席し、テレビ報道ならびに新聞掲載と多くのマスコミの注目を集めました。
GCUは、国内だけでなく海外の支援することにより、命、お金、教育などの大切さを次世代に伝えていきます。

未来を担う子ども達!くっくま孤児院へのサポート

内戦から40年数年経った今、首都のプノンペンでは経済発展が進み各国からの支援により国は復興の道を歩めています。
けれど経済格差は広がり、身寄りがいない孤児だけではなく経済格差により農村部で我が子を育てることができない子ども達を預かる施設が カンボジア国内には多く存在します。
その一つであるくっくま孤児院の子ども達に対する物資支援等を行っています。
様々な背景を抱えながらも、明るく元気に今を精一杯生きるくっくま孤児院の子ども達のみらいをサポートしています。

貧困家庭への井戸掘り支援

カンボジアは日本とは異なり、水道ガス電気のインフラ整備がされていないエリアがあります。
泥水を生活用水としているだけではなく、市内の近くに暮らす家庭は安価で掘った井戸を使用することにより、純度の低い井戸水を常用しているケースがあります。
水は人が生きていく上で必要不可欠なものです。
綺麗な水を確保できることは衛生環境の支援だけではなく井戸水があることで、野菜を育てることができ自立支援にもつながります。
GCUが井戸を掘削した家庭は、不衛生な環境ではなく衛生的な環境で子どもを育てることができています。

加藤南美

加藤南美

NPO法人 GLOBE JUNGLE
NATURAL VALUEプロジェクト統括リーダー

現在はNPO法人に所属し、貧困女性の就労支援と女性教育を支援するNATURAL VALUEプロジェクトの統括リーダーを務めています。
社会貢献部が大切にしたいのは、「支援の見える化」皆様の支援がどこの誰の未来につながったのかを、しっかりと現場からお伝え致します。

石田希穂

石田希穂

現地スタッフ

NPO法人 GLOBE JUNGLE
NATURAL VALUE プロジェクト
パパママ大作戦奨学金プロジェクト
2016年よりカンボジア生活をスタートさせ、NPO法人 GLOBE JUNGLEのスタッフとして現地で活動しています。
女性自立支援をするNATURAL VALUEプロジェクト、カンボジアの子どもたちのたちが学校に行けるよう応援をするパパママ大作戦奨学金プロジェクトを担当しています。国際的に考え、ローカル的に動き、日本とカンボジアを繋いでいきます。現場からしっかりと「見える支援」の様子をお伝えしていきます。

貧困女性の自立支援 NATURAL VALUE PROJECT

カンボジアの農村部には仕事がなくて収入が得られない貧困家庭が多く存在します。その地域に暮らす女性達をサポートするために職業訓練や、女性教育を行い、カバンや雑貨の制作と販売を行い自立型の支援を目指しています。「持続可能な支援の形」をサポートするために2017年7月に、カンボジアシェムリアップ最大級のお土産市場のナイトマーケットにGCUがバックアップをするショップを開店しました。現地で製品を販売することで、カンボジア国内でも収益を上げることができる持続可能な社会を目指しています。

NATURAL VALUE SHOP support by GCU
住所:Phalla Angkor Night Market .Siem Reap. Cambodia
営業時間:17:00-22:00 (日曜休み)
電話番号:+855-385-4437(日本人対応)

1年生から6年生までが一緒に通える一貫校の建設!

2017年12月カンボジア国内でも貧困地域の1つであるプレイヴェン州カナーコブ村に、GCUの活動に共感してくれた鈴木淳さんを中心に、GCU会員の力も結集し、1年生から6年生までが通える一貫校の建設をいたしました。
開校式典には、村民500人ならびにカンボジアの大臣も出席し、テレビ報道ならびに新聞掲載と多くのマスコミの注目を集めました。
GCUは、国内だけでなく海外の支援することにより、命、お金、教育などの大切さを次世代に伝えていきます。

未来を担う子ども達!くっくま孤児院へのサポート

内戦から40年数年経った今、首都のプノンペンでは経済発展が進み各国からの支援により国は復興の道を歩めています。
けれど経済格差は広がり、身寄りがいない孤児だけではなく経済格差により農村部で我が子を育てることができない子ども達を預かる施設が カンボジア国内には多く存在します。
その一つであるくっくま孤児院の子ども達に対する物資支援等を行っています。
様々な背景を抱えながらも、明るく元気に今を精一杯生きるくっくま孤児院の子ども達のみらいをサポートしています。

貧困家庭への井戸掘り支援

カンボジアは日本とは異なり、水道ガス電気のインフラ整備がされていないエリアがあります。
泥水を生活用水としているだけではなく、市内の近くに暮らす家庭は安価で掘った井戸を使用することにより、純度の低い井戸水を常用しているケースがあります。
水は人が生きていく上で必要不可欠なものです。
綺麗な水を確保できることは衛生環境の支援だけではなく井戸水があることで、野菜を育てることができ自立支援にもつながります。
GCUが井戸を掘削した家庭は、不衛生な環境ではなく衛生的な環境で子どもを育てることができています。

加藤南美

加藤南美

NPO法人 GLOBE JUNGLE
NATURAL VALUEプロジェクト統括リーダー

現在はNPO法人に所属し、貧困女性の就労支援と女性教育を支援するNATURAL VALUEプロジェクトの統括リーダーを務めています。
社会貢献部が大切にしたいのは、「支援の見える化」皆様の支援がどこの誰の未来につながったのかを、しっかりと現場からお伝え致します。

石田希穂

石田希穂

現地スタッフ

NPO法人 GLOBE JUNGLE
NATURAL VALUE プロジェクト
パパママ大作戦奨学金プロジェクト
2016年よりカンボジア生活をスタートさせ、NPO法人 GLOBE JUNGLEのスタッフとして現地で活動しています。
女性自立支援をするNATURAL VALUEプロジェクト、カンボジアの子どもたちのたちが学校に行けるよう応援をするパパママ大作戦奨学金プロジェクトを担当しています。国際的に考え、ローカル的に動き、日本とカンボジアを繋いでいきます。現場からしっかりと「見える支援」の様子をお伝えしていきます。

PAGE TOP