子どもスポーツ支援

GCUで子どもの支援も行います

GCUで子どもの支援も行います

スポーツを通じて、強い体と強い心を育みます。
未来を担う子どもたちを支援し、健全で豊かな社会づくりと持続的な発展を目指す団体であります。

スポーツと通し培った経験は子どもたちの可能性を伸ばし、特に他人への思いやりやフェアな精神、コミュニケーション能力はスポーツならではの育成につながります。

東京高校1年からラグビーを始め、2年時には高校日本代表に選出されウェールズ遠征に参加。全国高校選手権大会(花園)にも初出場を果たす。ポジションはNo8。3年時には全国大会への出場は成らなかったが、再び高校日本代表に選出されイングランド遠征に参加。
高校卒業後は明治大学に進学。1年生からLOでレギュラーに定着し、1996年度全国大学選手権優勝。2年からはNo.8に転向、4年時にはチームの主将を務めた。
大学卒業後は海外でのプレーも検討したが、複数のオファーの中からサントリーを選んで入社。日本ラグビーフットボール選手権大会連覇など社会人でもタイトル獲得に貢献。

斉藤祐也

斉藤祐也

多くの方々にスポーツを通して、
自身の身体への健康に目を向けていただきたい

学生スポーツ・社会人・プロラグビー選手として35歳まで活動し、現役引退後は、スポーツ選手として培った経験を生かすため、スポーツ普及活動や子ども達の指導に携わらせていただいております。
これまでの活動で、スポーツは人を笑顔にすることだけでなく、感動を共有することもでき、子どもの教育や協調性を身に付けること、身体を動かす事で健康への意識が高まることを再認識しました。
多くの方々にスポーツを通して、自身の身体への健康に目を向けていただきたいと感じております。

株式会社コーディネーション・アカデミー
【経歴】明治大学 / サントリー / コロミエ(仏)/ 神戸製鋼 / 豊田自動織機

上原誠氏

K-1ヘビー級
上原誠氏

2008年3月2日、K-1 JAPAN TRYOUT(ヘビー級)を受験し、合格を果たした
2008年7月13日、K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEIのASIA GP 1回戦でパク・ヨンスと対戦し、延長R左フックでKO勝ちするも、眼窩底骨折の疑いにより準決勝を辞退した
2011年7月23日、RISE第2代ヘビー級王者決定戦で羅王丸と対戦し、KO勝ち。王座を獲得した。
2013年3月17日、RISE初代ライトヘビー級王者決定戦で清水賢吾と対戦し、判定勝ち。王座を獲得した。
2013年12月21日、GLORY 13GLORYデビュー戦でGLORY世界ランキング10位と対戦し、判定勝ち。軽重量級では日本人初の勝利となる。
2014年2月4日、芸能事務所「プラチナムプロダクション」とマネージメント契約したことを発表

佐藤修氏

第22代WBA世界スーパーバンタム級王者
佐藤修氏

高校時代にアマチュアボクシングを始め近畿高校フライ級王者(同い年の名護明彦とは当時から親友)、鬼塚勝也に憧れ1995年に日本のプロボクシングジムで最多の世界王者輩出数を誇る協栄ジムに入門。同年9月25日、日本武道館(当時のWBC世界フライ級王者勇利アルバチャコフの防衛戦前座)でプロデビュー(4回判定勝ち)。
4回戦時代に1度のKO負けはあったものの、それ以外は無敗をキープ。

東京高校1年からラグビーを始め、2年時には高校日本代表に選出されウェールズ遠征に参加。全国高校選手権大会(花園)にも初出場を果たす。ポジションはNo8。3年時には全国大会への出場は成らなかったが、再び高校日本代表に選出されイングランド遠征に参加。
高校卒業後は明治大学に進学。1年生からLOでレギュラーに定着し、1996年度全国大学選手権優勝。2年からはNo.8に転向、4年時にはチームの主将を務めた。
大学卒業後は海外でのプレーも検討したが、複数のオファーの中からサントリーを選んで入社。日本ラグビーフットボール選手権大会連覇など社会人でもタイトル獲得に貢献。

斉藤祐也

斉藤祐也

多くの方々にスポーツを通して、
自身の身体への健康に目を向けていただきたい

学生スポーツ・社会人・プロラグビー選手として35歳まで活動し、現役引退後は、スポーツ選手として培った経験を生かすため、スポーツ普及活動や子ども達の指導に携わらせていただいております。
これまでの活動で、スポーツは人を笑顔にすることだけでなく、感動を共有することもでき、子どもの教育や協調性を身に付けること、身体を動かす事で健康への意識が高まることを再認識しました。
多くの方々にスポーツを通して、自身の身体への健康に目を向けていただきたいと感じております。

株式会社コーディネーション・アカデミー
【経歴】明治大学 / サントリー / コロミエ(仏)/ 神戸製鋼 / 豊田自動織機

上原誠氏

K-1ヘビー級
上原誠氏

2008年3月2日、K-1 JAPAN TRYOUT(ヘビー級)を受験し、合格を果たした
2008年7月13日、K-1 WORLD GP 2008 IN TAIPEIのASIA GP 1回戦でパク・ヨンスと対戦し、延長R左フックでKO勝ちするも、眼窩底骨折の疑いにより準決勝を辞退した
2011年7月23日、RISE第2代ヘビー級王者決定戦で羅王丸と対戦し、KO勝ち。王座を獲得した。
2013年3月17日、RISE初代ライトヘビー級王者決定戦で清水賢吾と対戦し、判定勝ち。王座を獲得した。
2013年12月21日、GLORY 13GLORYデビュー戦でGLORY世界ランキング10位と対戦し、判定勝ち。軽重量級では日本人初の勝利となる。
2014年2月4日、芸能事務所「プラチナムプロダクション」とマネージメント契約したことを発表

佐藤修氏

第22代WBA世界スーパーバンタム級王者
佐藤修氏

高校時代にアマチュアボクシングを始め近畿高校フライ級王者(同い年の名護明彦とは当時から親友)、鬼塚勝也に憧れ1995年に日本のプロボクシングジムで最多の世界王者輩出数を誇る協栄ジムに入門。同年9月25日、日本武道館(当時のWBC世界フライ級王者勇利アルバチャコフの防衛戦前座)でプロデビュー(4回判定勝ち)。
4回戦時代に1度のKO負けはあったものの、それ以外は無敗をキープ。

PAGE TOP