不可能を可能にするバリュー工法 セミナーレポート

バリュー工法の魅力について株式会社バリュークリエイション 小西社長にお話していただきました。

バリュー工法とは?

ミラクルプライマー(2液の水性プライマー)を使用した補修、止水の工法です。
その特徴は、浸透性にあります。クラックの隅々まで入り込んでいきます。
また、速乾性があるため補修の工期も短縮することができるのです。
GCU会員限定で施工できるバリュー工法は、現在約150社が施工店となっています。

外壁タイルの上から止水

セミナーでは沢山の事例を紹介していただいたのですがその中の一部をご紹介します。
まずは過去2回ほど工事をしたが漏水が止まらなかった大学の校舎の事例。
躯体が割れているため従来の工法ではタイルを外す必要がありました。
ですがバリュー工法では、タイルの上からプライマーを注入するだけでクラックの隅々まで浸透し内壁までが染み出してきたそうです。

下の写真はタイルからプライマーを注入し内壁に染み出している写真です。



工事してから3年、全く漏水していないそうです。

また、ミラクルプライマーには追従性があるため、施工後にヒビ埋めした箇所に再びヒビが入るということもありません。

プライマーの追従性を証明するものとして、2枚のプレートをプライマーでくっつけたものが配られました。
追従性が高いため固まった後もパキッと割れることがありません。
下の写真のようにぐにゃぐにゃに曲げても割れませんでした。

40年補修したことがない塔屋

次にご紹介された事例は40年補修してこなかった塔屋です。



ひどいところでは、20mmもの大きなヒビが入っていました。
ここにもミラクルプライマーを注入して補修を行いました。




従来の工法では1週間はかかるであろうこの補修が、
表面を剥がさずに施工できるため3日で工事が終了し、今も雨漏れは起こしていません。

補修から3ヶ月でサビを起こしていた観覧車

こちらは海沿いの遊園地の観覧車。潮風によってサビが酷く、停止となっていました。

これまではさび止めを行っても3ヶ月しか持たなかったものが、
サビの上からプライマーを塗布することで、腐食をストップすることができました。プライマーは一度塗布すると、空気とサビの接触を断つことが出来るためサビの侵食を止めることが出来るのです。

最初にミラクルプライマー1000を塗布しました。

次にミラクルプライマー3000をコーテイング。8年経った今もサビは止まったままです。

見積もり作成のポイント

バリュー工法の見積もり作成のポイントについてもお話いただきました。
「良いから高いでは、流行りません!」
この言葉が印象的でした。

工法が良いからといって高い値段で出してしまっては、結局お客様から敬遠されるきっかけとなります。
「バリュー工法がオススメする見積り単価であれば、バリュー工法は工事単価の4割の利益を取ることができます。下地処理が軽減され、人工が削減できるため従来の工法と比べて値段を下げても利益が増える、お客様も施工店さんも嬉しい見積りが作れるのです。」と小西さんは熱く語ります。

最後に、バリュー認定店について発表されました。
バリュー認定店とは2019年から新しく始まった取り組みでバリュー認定店に選ばれるとバリュー工法全体の利益の一部が還元されるそうです。
今回も8社のバリューパートナーが認定店として登録されました。

 

セミナーレポートまとめ

セミナー中にも質問が寄せられ、とても活気のある空気でした。
バリュー工法に興味を持たれているGCU非会員の会社さんも含め50名近くの方がいらっしゃいました。



バリュー工法は、塗装屋さん、防水屋さんにとって他者と差別化する大きな武器になります。
メーカーとしてただプライマーを卸すのではなく、施工店として工法を熟知している加盟会社にのみ卸し施工をバックアップています。
それは、ゼネコンや、ハウスメーカーではなく、施工会社がバリュー工法によって強みを持ち、利益を出せるようになってほしいという小西社長の想いからです。

小西社長とGCUの理念が一致したことから、共に歩ませていただくことになりました。
バリュー工法はGCU会員様限定となります。
ミラクルプライマー初回セット(54,000円税込)をご購入いただき、試していただいた上でご納得いただけた方に加盟店としてご登録いただく流れとなります。

バリュー工法に興味がおありの方は、GCUまでご連絡ください。
ミラクルプライマーのデモを一目見ていただけたらその凄まじい効果に心を奪われること間違いありません。

バリュークリエイション小西社長、ありがとうございました!