第二回目の渡航延期決定のご報告

まずは、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 プロジェクトは第二回目の渡航を12月に予定しておりましたが延期を決定いたしました。

日本国におきましては緊急事態宣言も解除され、日常生活へ戻る努力を重ねてゆくなか、カンボジアにおきましては、

 

・未だカンボジア到着後2日間の隔離を実施している

・小学校などのある村(シェムリアップ)に入村できない

・外国人が敬遠されている

・小学校が11月まで閉校になる可能性が濃厚

・輸送や受送金など、インフラ機能の実質停止状態

 その他にも航空状況、コロナ第二波予測の不安やリスクがあることなどを踏まえまして、残念ですがこの度の決断に至りました。そもそも、渡航をしても子供たちに会えないのでは大きな意味を果たせないからです。苦渋の決断をご理解いただければ幸いでございます。

 この度の決断に際しまして貴重なご意見、ご協力を賜りました NPO法人Globe Jungleの加藤南美さんと同団体の現地スタッフ、また、重要な決断をしてくださったプロジェクトメンバーにも心よりお礼申し上げます。

 最後になりましたが、新型コロナウイルス感染拡大が1日でも早く終息することを願っております。