GCU支援団体様九州水害支援現地入りのご報告

一般社団法人global construction unionです。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

GCUでは、過日、下記2団体様の九州の大雨被害に対する支援活動に深く賛同し、支援を行わせていただきました。

急を要していたため、ご報告などが前後いたしましたことをお詫び申し上げますと共に、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
【一般社団法人HOOH 担当:堀之内哲也様】
行政と連携を取りながらチームを形成し災害支援後の
地域コミュニティ再形成にまで関わりながら活動していらっしゃいます。
【森源太災害基金 担当:森源太様】
行政のケアが行き届きにくい場所まで住民の声を一つ一つ拾い上げ、細やかに活動していらっしゃいます。

森源太災害基様より、被災地に現地入りした旨をご報告いただきましたので会員企業様にお伝えさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
GCU会員様へ
熊本水害支援 現地入りのご報告

GCU様より支援が決定した7月29日より
森源太災害基金 代表の森源太が熊本県人吉市に現地入りし
既に人吉市で活動していた先陣チームと合流しました。

29日人吉市の天気は晴れ。
到着後すぐに、今後の作業の為の状況把握と活動計画の打ち合わせをしました。

球磨川沿いで水の勢いが凄すぎた地区は
津波の傷痕にしか見えないぐらいの現状でした。

行政のごみ集積所もパンク状態で、
道にも災害ごみや瓦礫がせり出している状況です。
高齢者ご夫婦だけで暮しているケースも多いなか、片付けが非常に大きな課題です。

瓦礫撤去の為に下記の重機と資材を、無償レンタル・もしくは安価でレンタルくださり災害支援にご協力頂ける会員様がいらっしゃいましたら事務局までご一報頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

必要物
・0.2クローつきユンボ
・4トン深ダンプ
・フレコン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※尚、被災地でのニーズは半日で大きく変動する程非常に変動しやすいものです。
お問合せを頂戴した時点では必要となくなり、ご提供を辞退させて頂く場合もございます。支援物資をお集め頂く際やご提供頂ける際は、事前に問い合わせを頂ければ幸いです。
現場のニーズに合わせた復興支援へのご理解ご協力を宜しくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現地のお写真をお送りいただきましたので、皆様にご報告させていただきます。

GCUでは引き続き現地の情報を収集しながら、
継続的に支援を続けて参ります。

現地で不足している物資などございましたら、
GCU事務局 kanri@gcuni.com
までご連絡ください。

一刻も早い復興をお祈りしております。