リフォーマー専門学校に道具を寄贈しました。

一般社団法人global construction unionです。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、GCUでは建設職人を20日間で育成する学校を運営するリフォーマー専門学校様に研修に使用する道具を寄贈いたしました。

コロナ禍の影響を建設業も多分に受けており、それは職人の育成を行う学校も例外ではありません。
職人の育成は、業界の未来にとって重要であると考え、GCUでは今回職人の育成事業を行う、リフォーマー専門学校様(広島・呉市)と職人道場様(栃木県・那須塩原市)への支援を行いました。

GCUの理事長である中村と専務理事の田尻がリフォーマー専門学校様を訪問し、大澤社長と対談をいたしましたので是非ご覧ください。

ーリフォーマー専門学校様に寄贈しようとおもったきっかけ

中村理事長
4年ほど前に(リフォーマー専門学校の)大澤社長とお会いさせて頂いて、リフォーマー専門学校さんが職人の育成をやっているという話を聞いて、そこにすごい共感していたんです。
その後、なかなか広島に行く機会がなかったのですが、リフォーマー専門学校さんのことは頭の片隅にありました。
そして今回、コロナ禍で建設業も影響を受ける中、GCUとしてできることはないかと話し合っていた時に、建設職人を育成する取り組みを行っているリフォーマー専門学校さんと那須塩原にある研修施設・職人道場さんを支援させて頂くことになりました。


リフォーマー専門学校の様子

ー今回職人を育成する学校への支援を行なった狙いは
中村理事長
建設業が発展していく過程で、売上はもちろんですが教育システムが整っていないと職人さんの離職率は増える一方だと思います。
2022年はさらに不景気になると言われていますが、一社一社がしっかり人材を育成してサービスの質を上げていくためには、リフォーマー専門学校さんのような会社が必要だと思うんです。
職人を育成する施設もコロナの影響を少なからず受けていると聞き、建設業の未来を支える存在としてそういった施設・学校を大事にしていかなくてはいけないと思い支援させて頂きたいと思いました。

一度支援して終わりではなく、長い目で見て毎年何か協力していきたいと考えています。
リフォーマー専門学校さんや職人道場さんで学び経験値を上げていただく方々に、まわりで支援・応援してくれる組織があるということがあるということを知って励みにしてくれると嬉しいです。

ー大澤社長がGCUからの支援のオファーをどのように受け止められたのか
大澤社長
田尻専務理事からご提案を受けた時、まさかとびっくりしました。

GCUに入会して1年ちょっと経ったところですが、GCUは国内外の災害支援・貧困支援などあらゆる活動を支援していて、広島で災害があった際も色々な物資を支援いただいています。

それだけもありがたいことなのに、今回学校への寄付までいただいてお世話になりっぱなしです。職人を育成する学校というのは商売で言えば儲かる商売ではありません。
でも職人不足に対して何か取り組みをしたいなという思いがあり、他にこのような施設がなかったため開校しました。
今までずっと赤字続きでしたが今年になってやっと上向きになりつつあります。

学校で使用する道具が傷んできていて買い替える必要があったので、今回支援頂いたことはとても助かっておりますし嬉しいです。

田尻専務理事
多能工の職人さんを教育する学校は全国にも少ないので、今回寄贈した道具を使って技術を身に着けてくれた職人さんが建築会社で活躍してくれると、我々も関接的に建築業界の技術者不足解消に協力出来るので大変嬉しく思います。
今回GCUがこだわったことは「道具」です。

建設業にとって道具はとても大事ですし、道具は消耗してしまいますからね。今回のことをきっかけにリフォーマー専門学校を宣伝・発信していきたいと思っています。
今回一回のみではなく毎年何かプラスになる支援・応援していきますので宜しくお願いします。

リフォーマー専門学校
公式HPはこちら

〒737-0004 広島県呉市阿賀南2丁目10-1
TEL:0120-927-617