GCUトップページドローン国家資格取得講習プランのご案内

ドローン国家資格取得
講習プランのご案内

GCU会員企業様向け特別プラン

ドローンの国家資格制度の開始

2022年12月より、新たにドローンの国家資格制度
「無人航空機操縦者技能証明制度」が開始されました。
この制度では、無人航空機(ドローン)を航空法の規制対象となる空域
(場所)・方法にて飛行させるために必要な知識及び能力に関する
試験を実施し、合格者には技能証明書が交付されます。

従来の民間操縦ライセンス

各団体バラバラの教習内容

統一されていない試験内容

あくまでも民間資格

国家資格(免許)制度

航空法で統一された教習及び試験内容

国または登録事業者による厳格な試験
実施体制

国家資格

国家資格取得の必要性

ドローンの国家資格(無人航空機操縦者技能証明)の取得のメリットについては、
法規制におけるメリットと事業を行う上でのメリットの2つがあります。

法規制での保有のメリット

.航空法で飛行が規制される特定飛行の内、機体認証を受けたドローンでの飛行に限り、
一部の飛行で飛行許可が不要になる。

.その他の飛行の許可を取得する際に技能証明となる。

事業を行う上での保有のメリット

.国家資格のためドローン操縦者が十分な技量を有していることを客観的に証明できる。

.国家資格保有者がドローン操縦を行うことにより、社への信頼が高まる。

国家資格は、ドローン飛行を安全に行うことが
出来る証明として、非常に重要です。

国家資格の種類

無人航空機操縦者技能証明には、2つの資格の種類と、6つの限定項目があります。
自動車の免許のように、限定項目を解除していない場合は
その内容の技能は証明されません。

建築建設業におけるドローンの利活用の場合は
下記の資格の種類・限定解除が推奨です。

資格の種類

一等無人
航空機操縦士

二等無人
航空機操縦士

限定項目

マルチローター

ヘリコプター

飛行機

目視外飛行

夜間飛行

25Kg以上

国家資格取得の方法

国家資格取得時のよくある質問

Q:ドローンスクールによって費用が様々だけどどこの講習を受けたらいいの?

A:国家資格取得講習は制度開始から間もないため、費用が高額なスクールが多くあります。
GCUでは適正な価格で受講できるスクールをご案内しています。

Q:限定解除ってなんですか?必要でしょうか?

A:自動車免許の限定のように免許の範囲に制限がかかっています。建築建設業の皆様においては、「目視内飛行の限定解除(目視外飛行)」を行うことが推奨です。

Q:民間資格を持っていたら、国家資格は不要でしょうか?

A:法規制上は国家資格を持っていなくとも飛行申請を行えばほとんどの飛行が行えます。
しかし国家資格を持っていることの業務上のメリットは、業務への信頼性が上がるなど多くあります。

GCUでは適正な価格で質の高い国家資格講習を受講できる、
GCU会員企業様専用のドローン
国家資格講習プラン
をご用意しています。

会場

関東圏にそれぞれ会場をご用意しています。

大宮会場
埼玉県さいたま市西区中釘1470-10
八王子会場
東京都八王子市元八王子町2-1419
千葉リソルの森会場
千葉県長生郡長柄町上野521-4

講習受講後の流れ及び費用

講習受講後に、国家資格の取得までには次の通りの費用が発生いたします。
なお費用は1人あたりの費用であり、国家資格発行に必要な費用として
全国で共通となっております。

学科試験の受験

1試験あたり ¥8,800(税込)

学科試験は講習受講後に、国から指定を受けた機関(一般財団法人日本海事協会)が開催する試験会場にて、別途受験が必要です。国家資格を取得するためには学科試験の合格が必要です。講習のみでは取得できませんのでご了承ください。不合格であった場合は再受験が行えますが、講習修了後1年以内に合格する必要があります。

身体検査の受検

学科試験の合格後に身体検査の受検が必要です。自動車運転免許証を保有している方は写しの提
出をもって検査に代えることが出来ます。

書類受験(運転免許証等の提出・医療機関の診断書)

¥5,200 (税込)

※医療機関による診断書を発行の際は別途各医療機関で定める診断料等が必要となります。

会場受験(書類受験はせず、指定会場での検査をする場合)

¥19,900 (税込)

発行料及び免許税の納付

¥3,000 (税込)

講習お申し込みの流れ

GCU事務局まで下記の内容と共にドローン講習を
ご希望の旨をご連絡ください。

    貴社名

    必須担当者名

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須受講希望コース名

    必須受講人数

    必須希望会場
    (希望なしの場合は「希望なし」とお伝えください。)

    必須受講希望時期
    (希望なしの場合は「希望なし」とお伝えください。)

    お問い合わせ内容