GCUは建設業に携わる企業を応援する建設総合組合です


新規会員登録はこちら
会員様ご要望ご相談窓口

建設現場におけるドローンの活用

-ドローンは建設業界の課題を解決する鍵を握ります-
POINT

ドローンが建設に不可欠な時代がやってきます!

より安心・安全・合法に

建築業界では主に高層物件や橋梁など、人が足を踏み入ることが難しい場所や本来足場を組む場所での赤外線調査を中心に工事の進捗管理や施工前後の撮影、測量など幅広い分野で今後ドローンが活用され始めます。人手不足・社員の事故リスク・工期短縮などドローンを使った業務改善にいち早く着手いたしませんか?
より安心・安全・合法にドローンを使用していくノウハウをお伝えします。

ドローンが活用される機会

  • 高層物件・棟梁などでの赤外線調査
  • 施工前後の撮影
  • 測量
  • 太陽光パネルの点検
  • 外壁のひび割れ点検
  • 施工管理

ドローンによる外壁のひび割れ点検

遠くからでもここまでズームで撮影することが可能です。

足場を立てずに外壁のひび割れ点検を行えます。

ドローンについて(DJI社製ドローン)

特徴

Mavic 2 Pro

スウェーデンの老舗カメラメーカー ハッセルブラッドのカメラ搭載。
独自のカラープロファイルによって色をより正確に表現。絞りがF2.8-F11の範囲で調整可能で、どのような環境下でも素晴らしい画質を実現します。

Mavic 2 Zoom

ズーム機能で遠距離からも大きく撮影。
ズーム機能で、今までのドローンではできなかった構図の撮影に挑戦できます。さらに、飛行音が静かなため住宅地での点検などに向いています。

共通スペック

最大飛行時間
31分
動画解像度
4K
最大飛行速度
72km/h
障害物検知
全方向
静音性
低ノイズ設計
ジンバル
3軸

ドローンパイロットスクール

スクール概要

コース名
アジアドローンカレッジGCU特別校(建築特化短期コース)
期間
2.5日間
費用
15万円(税抜)/1名

★ライセンス発行料金込み
★機体貸し出し費用無料
★受講後、国土交通省年間包括申請サポート無料

修了者には国土交通省認定「SKYPEAK技術認定証・ドローンパイロット2級」が発行されます。
※ライセンスは2年更新(更新料5,000円)

受講概要

1日目
13:00 - 18:00
座学・テスト(六本木オフィス)
2日目
9:30 - 17:00
操縦講習(都内or千葉)
3日目
9:30 - 17:00
操縦講習(都内or千葉)

※3名以上で出張講習も承ります。(講師の交通・宿泊費別途)

ドローン導入の取り組み(株式会社 ドローン・フロンティアによるサービス提供)

ドローン搭載型赤外線カメラによるコンクリート建造物の非破壊検査

劣化によるコンクリート壁表面の浮き、あるいは剥離した際の壁内部の空洞や漏水、クラックなどをドローンに搭載した赤外線カメラで発見できます。 コンクリート壁内部に空洞が出来ると正常な部分と温度差(不連続部)が現れる傾向があるため、それを赤外線サーモグラフィーカメラにより温度分布画像を撮影・解析することで異常を発見します。

月定額操縦士派遣サービス

ドローンは革新的な道具であるだけに、多くの期待をされる一方で、そう簡単には導入に踏み切れない面もあります。GCU会員様は、毎月定額でドローン撮影し放題のサービスが利用できます。
通常の外注と異なり、派遣回数と料金が比例しないため
・呼べば呼ぶほど得!
・見積もり作成前など、予算の少ない段階でも呼び出し可能!
という特徴があり、特に塗装業者様や、修繕業者様にご好評です。

ドローン導入コンサルティング

ドローンの導入を考えている企業が加速度的に増えているのに対し、そこに対して正確な情報・技術を指導する人間が圧倒的に不足しているのが現状です。中途半端なドローンの知識しか持たない人間では、多種多様なビジネスにドローンを導入することはとても大きなリスクとなります。
GCUでは教科書知識や操縦技術は勿論、多くの業務経験で培ってきたノウハウも提供することで、単なる「ドローン操縦士」を超えた「ドローンのプロ」の育成を行っております。そういった人材による管理体制を整えて初めて、ドローンの導入ができた、と言えるのです。